ブラックリストに載ると借入れられない?

消費者金融についてインターネットで調べ物をしていると、「消費者金融界にはブラックリストというものがあり、利用態度などが悪いとそれに載せられ、どこの消費者金融会社からも契約を蹴られてしまうようになる」……なんて話をあちらこちらで見かけたりします。
でもですね、これって半分正解で、半分不正解なんです。
というのも、確かに消費者金融を利用していて、何度も返済延滞をくり返すなど、良くないことを続けていると、「個人信用情報機関」といった機関に、「この人は延滞をしています」なんて情報が登録されてしまうのです。
そして、消費者金融会社は必ずこの機関に所属しているので、たとえばA社で起こしてしまった延滞であったとしても、その情報(事故情報)が機関に登録されてしまえば、別の会社であっても所属機関はその情報を閲覧することが可能なので、B社と契約をしようと申し込みをするとB社は申込者の情報が所属機関に登録されていないかを調べるため、その登録情報ゆえに契約を断られてしまうケースはあります。
ただし、個人信用情報機関に事故情報を登録されていれば必ず契約を断られてしまうのかといえば、そうとは言えません。
その事故情報の度合いにも寄りますし、そのほかの収入状況や職状況といった様々な兼ね合いで銀行借入 利率・審査は行われるので、事故情報を登録されてしまったからといってキャッシング会社を利用することは不可能ということではありません。
ですので、早計に一般的な消費者金融会社では契約をしてもらえないからと、ヤミ金融などといった悪徳消費者金融を利用することは避けるようにしてください。
悪徳消費者金融を利用してしまうと、とりあえずお金を借入れることができ、一時的には助かるかもしれませんが、その後に確実にあなたを苦しめる存在になります。
また、事故情報は通常5年ほどで抹消されるので、それ以後は事故情報を理由に契約を断られることはなくなりますので、こちらも合わせてご安心ください。

即日融資可能なカードローンの選び方〜おまとめローン〜

総量規制の関係で、基本的に年収の1/3を超える借入は消費者金融から出来ないことになっています。しかし、複数社から借入を行っていてその返済のために借りたい、というのであればおまとめローンを利用するという方法があります。
前述の通り、消費者金融で借りられるのは基本的に年収の1/3までとなっていますが、総量規制には「除外」と「例外」もあり、顧客に一方的に有利になる乗り換えのための「おまとめローン」も総量規制の例外となっています。そのため、借入金が年収の1/3を超える場合であっても消費者金融を利用することが可能となっています。
総量規制が施行されて以来、消費者金融から年収の1/3以上の借入は「無理」と思っている方も多いと思いますが除外や例外がある、ということも知っておくことで選択肢が増えます。おまとめローンの中にも即日融資可能なカードローンもあるので複数社から借入を行っていて返済に困っている、という方は選択肢の一つに入れてみるといいでしょう。
ちなみに、ご存知の方も多いと思いますが、銀行の中にもおまとめローンに利用できるカードローンを提供しているところもあります。もちろん、消費者金融のおまとめローンを利用するか?銀行のおまとめローンを利用するか?どのおまとめローンを利用するか?選ぶ基準は個々それぞれだと思いますが、申込みに必要となる書類やキャッシング即日融資を受けるための条件は金融機関によって違います。即日融資可能な申込み時間帯について確認することはもとより書類についても申込み前に確認し不備のないよう留意しましょう。

キャッシング初心者が起こしやすいミスをチェック

まずはキャッシング初心者の陥りやすい利用ミスについてです。
キャッシング初心者の陥りやすいミス、それは利用計画を立てないことです。
なんとなく借りてみて、なんとなく返していって……それでも大きな問題になることは、少額の借り入れではあまりありませんが、きちんと利用計画を立ててキャッシングを利用している人と比べてしまうと、小さな損をたくさんしていることがあります。
たとえば、利息です。キャッシング会社を利用してお金を借りますと、通常は借りた金額と合わせて、利息を返済していくことになります。
この利息とは、借りた金額や貸付利率にもとづいて算出されるのはもちろんですが、借り入れている期間が長ければ長いほどに高くつきやすいものでもあります。
ですから、利用計画をきちんと立てている方は、まず自身の収入と、返済以外にかかる支出から、いくらずつの返済が一番適切かを考えています。しかし、これが利用計画を立てずにいる方ですと、とりあえず毎月1万円ずつでいいやなどと、いい加減に決めてしまいがちです。すると、本来ならひと月にもっと多く払うことが可能であったかもしれません。もしそうだったとすれば、完全返済にかかるまでの期間も短縮されるために、毎月1万円ずつの返済であるよりも総利息を減額することができたかもしれません。
少額の借り入れであれば、その差はたかだか数百円といったものかもしれませんが、それは程度に変わらず確かな損です。
できる限り、お得に、上手に借り換えローンキャッシングを利用していきたいと思うのであれば、利用計画はきちんと立てていくことをおすすめします。

キャッシング一覧には載っていない意外な借り入れは実は勤務先

今借り入れをしようと考えている方はインターネットから調べていることが多いかと思います。
大半の方がキャッシング一覧などを参考に借り入れ先を模索していることでしょう。
ところがサラリーマンにはそのキャッシング一覧には載っていない借り入れ先があります。
そのお金を借りる方法とは勤め先の貸付制度です。

全ての企業で行われているわけではありませんが、勤務先で貸付制度を設けているところがあります。
金利は低く2%ほどとなっていることが多くなっており、支払回数も選択できることは当然のこと、ボーナス払いもできるのが便利になっているでしょう。
この低金利が実現できているのは、その勤務先に勤めていることが確実であることと、勤務形態を完全に把握できていること、給与形態もどうように把握できていることがあります。
差し押さえなどのことはいたって簡単に行われるものであり、返済額は給料からの天引きとなることが多いため、貸し付ける側である勤務先にとってリスクの大きなものではありません。

低金利での貸し付けになりますが、勤務先に借金を抱えると考えれば気軽に使えるものではありません。
出産費用であったり、子供の入学金であったり、大きな金額であることや必要仕方ないと世間一般的に見ても認められるであろう出費であることが安心でしょう。

それらを踏まえて勤務先からの貸付金制度を利用できる方を考えてみましょう。
・勤務先に貸付金制度がある方
・大きな必要出費がある方