安全にお金を借りる

お金を借りることが簡単になっているため、その安全性まで気を配らずに申し込みをしてしまう方もいます。特に急いでいると何も考える余裕なく借り入れの申し込みをしてしまうという失敗をしてしまいます。もちろん、何も考えずに申し込みをしてもその申し込み先が安全な金融機関なら何も問題は起こりません。しかし、安全ではないお金を借りる方法というのも実際に存在しているものなのです。
まず違法な業者に金借り申し込みをしてしまうことがあります。冷静な状態なら「この金利ならおかしいのでは?」と考える余裕もあるでしょう。しかし、急いでお金を借りないといけない場合には「なんでもいいからとにかく申し込んで借りてしまおう。」といった危険な考え方になってしまうのです。
よほど大手の金融業者でない限りは、必ず申し込み前のその業者自体のホームページを確認したり、日本貸金業協会のホームページで悪質業者として掲載されていないかどうかを調べたりするべきでしょう。大手の業者の名前を騙って申し込み者を集めているようなケースも見受けられます。ダイレクトメールやファックスなどを送ってくることがありますが、その番号に申し込みをするのではなく大手業者ならホームページや直接店舗からの申し込みをするようにしておきましょう。
他にも今気を付けていただきたいのはクレジットカードの現金化です。クレジットカードでキャッシングをするのではなく、ショッピング枠で実際の価格とは全く違う高い値段で商品を購入し、その商品を買い取りしてもらったことにして現金を手にする方法です。これは違法とまではなっていないのですが、クレジットカードを発行している会社はこの現金化をしているケースがあれば解約することを契約の条件に盛り込んでいますし、実際に現金化したとしてもローンとして計算してみるとその金利は法律をはるかに超えているものなのです。
まさか自分が…という方や、自分だけは悪質な業者にはだまされないと思っている方こそ実は危険が潜んでいます。借り入れに慣れている方ほど確認もほどほどに申し込んでしまいやすいのです。注意を怠らず少しでも安全さに疑いがあるなら、そこで申し込みなどの流れをストップする勇気が必要です。

消費者金融の借金で自己破産?!

アコムにプロミス、レイクと、連日テレビで放送される、収入証明書不要 カードローンのCM。そのフレーズも毎日飽きるほど耳にします。
こうして人々の生活の中で身近な存在となっている消費者金融。実に多くの人が利用しています。そして、実に多くの人が、その借金によるトラブルで悩んでいるのです。
システムはどんどん簡略化されていく一方で、法律で年利や取り立てについての厳しい規制が定められています。
確かに以前よりずっとお金は借りやすくなっています。しかし、借金であることに変わりはないのに、あまりに安易にお金を借りている人が増えているのです。
返済に困り、他からまた借金をして、また他からも借りて。そうして団子状に膨れ上がった借金に困り、最後には自己破産。自己破産して責任逃れしても、何の解決にもなりません。
昨今では、最初から自己破産を想定してお金を借りまくっている若者がいる、なんて話も聞いたことがあります。返すつもりがないのなら、お金を借りるべきではありません。また、返済能力がないのに借りるなんてことも、あってはなりません。
最初の契約時に審査をするのは、あなたに返済能力があると、信頼されているから、借りることができるのです。その信頼を裏切るべきではありません。
また、通常の審査に通らないのに、お金を貸してくれるところがあるとすれば、それは間違いなく「ヤミ金」です。そんなところからは、絶対に借りないでください。お金より、あなたの命の方がずっと大切ですから。

一括返済ができるならレイクでキャッシングをするという方法もあり

キャッシング一括返済ができるのであれば新生銀行カードローンでも30日間無利息を選択するという方法があります。
180日間無利息とは違い、条件となる借り入れ金額に制限はありません。
ただ30日という限られた期間になりますので、一括返済ができる場合として考えておきましょう。
消費者金融ではなくレイクは新生銀行となっています。
それだけに金利が優遇されるのではないかという期待も出てきますが実際にはそんなことはありません。
残念ではありますが、新生銀行カードローンレイクの金利は融資限度額によって決まるものでもなく、かといって消費者金融の様に不透明なものでもありません。
200万円以下の融資限度額で100万円以内の借り入れをするときには金利は18.0%となります。
どうでしょうか。
200万円以下の融資限度額で100万円以内の借り入れ、これはごく一般的な借り入れの状況であり多くの人が該当するはずです。
そうなると新生銀行カードローンのレイクではいつでも18.0%が適用されると考えておくべきでしょう。
無利息期間の30日間を活用できればレイクのキャッシングも利息を支払う必要なく返済が完了します。
しかしそれ以上の期間借り入れをするのであれば消費者金融と同じ金利が適用されますのでメリットはないということになるでしょう。
新生銀行カードローンレイクの30日間無利息を使うのであればその期間内に完済ができることを条件としておくと安全です。

中途半端な立ち位置?銀行系消費者金融

金融形態もさまざまとなり、銀行、消費者金融のほかもう一つ分類される金融機関が出てきました。
それが銀行系消費者金融です。
グレーゾーン金利、そして過払い金という言葉は聞いたことがあるでしょう。
一時期その言葉をテレビのCMで見ない日はありませんでした。
現在でもその返還作業に追われているのが消費者金融です。
余計の搾取していた利息を請求に応じて返還をしていますので財源が危機にさらされています。
消費者金融は次々と銀行の傘下に入りました。
消費者金融のプロミスは三井住友グループの完全子会社となっています。
レイクは新生銀行に営業権を譲渡し新生銀行カードローンのレイクとなりました。
アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの子会社となっています。
そこまでしなければ財源の確保ができなくなったのは過払い金返還が利用者にとって当然の請求権であると知れ渡ったからでしょう。
しかし銀行の参加とはなっていないアイフルは、2009年、事業再生を行っています。
消費者金融単独での運営がままならないものであるという例えにも用いられるようになりました。
もう一つの分類方法として、消費者金融的な銀行という意味合いを持つ消費者金融系銀行と呼ばれる銀行もあります。
キャシング 今日中審査が素早く即日キャッシングの可能性も高い、そして利用条件も消費者金融並みに緩和されている、それが新しい銀行の形ともなっています。
インターネットバンキングや三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックなどがその代表的なものとなっているでしょう。

ブラックリストに載ると借入れられない?

消費者金融についてインターネットで調べ物をしていると、「消費者金融界にはブラックリストというものがあり、利用態度などが悪いとそれに載せられ、どこの消費者金融会社からも契約を蹴られてしまうようになる」……なんて話をあちらこちらで見かけたりします。
でもですね、これって半分正解で、半分不正解なんです。
というのも、確かに消費者金融を利用していて、何度も返済延滞をくり返すなど、良くないことを続けていると、「個人信用情報機関」といった機関に、「この人は延滞をしています」なんて情報が登録されてしまうのです。
そして、消費者金融会社は必ずこの機関に所属しているので、たとえばA社で起こしてしまった延滞であったとしても、その情報(事故情報)が機関に登録されてしまえば、別の会社であっても所属機関はその情報を閲覧することが可能なので、B社と契約をしようと申し込みをするとB社は申込者の情報が所属機関に登録されていないかを調べるため、その登録情報ゆえに契約を断られてしまうケースはあります。
ただし、個人信用情報機関に事故情報を登録されていれば必ず契約を断られてしまうのかといえば、そうとは言えません。
その事故情報の度合いにも寄りますし、そのほかの収入状況や職状況といった様々な兼ね合いで銀行借入 利率・審査は行われるので、事故情報を登録されてしまったからといってキャッシング会社を利用することは不可能ということではありません。
ですので、早計に一般的な消費者金融会社では契約をしてもらえないからと、ヤミ金融などといった悪徳消費者金融を利用することは避けるようにしてください。
悪徳消費者金融を利用してしまうと、とりあえずお金を借入れることができ、一時的には助かるかもしれませんが、その後に確実にあなたを苦しめる存在になります。
また、事故情報は通常5年ほどで抹消されるので、それ以後は事故情報を理由に契約を断られることはなくなりますので、こちらも合わせてご安心ください。

即日融資可能なカードローンの選び方〜おまとめローン〜

総量規制の関係で、基本的に年収の1/3を超える借入は消費者金融から出来ないことになっています。しかし、複数社から借入を行っていてその返済のために借りたい、というのであればおまとめローンを利用するという方法があります。
前述の通り、消費者金融で借りられるのは基本的に年収の1/3までとなっていますが、総量規制には「除外」と「例外」もあり、顧客に一方的に有利になる乗り換えのための「おまとめローン」も総量規制の例外となっています。そのため、借入金が年収の1/3を超える場合であっても消費者金融を利用することが可能となっています。
総量規制が施行されて以来、消費者金融から年収の1/3以上の借入は「無理」と思っている方も多いと思いますが除外や例外がある、ということも知っておくことで選択肢が増えます。おまとめローンの中にも即日融資可能なカードローンもあるので複数社から借入を行っていて返済に困っている、という方は選択肢の一つに入れてみるといいでしょう。
ちなみに、ご存知の方も多いと思いますが、銀行の中にもおまとめローンに利用できるカードローンを提供しているところもあります。もちろん、消費者金融のおまとめローンを利用するか?銀行のおまとめローンを利用するか?どのおまとめローンを利用するか?選ぶ基準は個々それぞれだと思いますが、申込みに必要となる書類やキャッシング即日融資を受けるための条件は金融機関によって違います。即日融資可能な申込み時間帯について確認することはもとより書類についても申込み前に確認し不備のないよう留意しましょう。

キャッシング初心者が起こしやすいミスをチェック

まずはキャッシング初心者の陥りやすい利用ミスについてです。
キャッシング初心者の陥りやすいミス、それは利用計画を立てないことです。
なんとなく借りてみて、なんとなく返していって……それでも大きな問題になることは、少額の借り入れではあまりありませんが、きちんと利用計画を立ててキャッシングを利用している人と比べてしまうと、小さな損をたくさんしていることがあります。
たとえば、利息です。キャッシング会社を利用してお金を借りますと、通常は借りた金額と合わせて、利息を返済していくことになります。
この利息とは、借りた金額や貸付利率にもとづいて算出されるのはもちろんですが、借り入れている期間が長ければ長いほどに高くつきやすいものでもあります。
ですから、利用計画をきちんと立てている方は、まず自身の収入と、返済以外にかかる支出から、いくらずつの返済が一番適切かを考えています。しかし、これが利用計画を立てずにいる方ですと、とりあえず毎月1万円ずつでいいやなどと、いい加減に決めてしまいがちです。すると、本来ならひと月にもっと多く払うことが可能であったかもしれません。もしそうだったとすれば、完全返済にかかるまでの期間も短縮されるために、毎月1万円ずつの返済であるよりも総利息を減額することができたかもしれません。
少額の借り入れであれば、その差はたかだか数百円といったものかもしれませんが、それは程度に変わらず確かな損です。
できる限り、お得に、上手に借り換えローンキャッシングを利用していきたいと思うのであれば、利用計画はきちんと立てていくことをおすすめします。

キャッシング一覧には載っていない意外な借り入れは実は勤務先

今借り入れをしようと考えている方はインターネットから調べていることが多いかと思います。
大半の方がキャッシング一覧などを参考に借り入れ先を模索していることでしょう。
ところがサラリーマンにはそのキャッシング一覧には載っていない借り入れ先があります。
そのお金を借りる方法とは勤め先の貸付制度です。

全ての企業で行われているわけではありませんが、勤務先で貸付制度を設けているところがあります。
金利は低く2%ほどとなっていることが多くなっており、支払回数も選択できることは当然のこと、ボーナス払いもできるのが便利になっているでしょう。
この低金利が実現できているのは、その勤務先に勤めていることが確実であることと、勤務形態を完全に把握できていること、給与形態もどうように把握できていることがあります。
差し押さえなどのことはいたって簡単に行われるものであり、返済額は給料からの天引きとなることが多いため、貸し付ける側である勤務先にとってリスクの大きなものではありません。

低金利での貸し付けになりますが、勤務先に借金を抱えると考えれば気軽に使えるものではありません。
出産費用であったり、子供の入学金であったり、大きな金額であることや必要仕方ないと世間一般的に見ても認められるであろう出費であることが安心でしょう。

それらを踏まえて勤務先からの貸付金制度を利用できる方を考えてみましょう。
・勤務先に貸付金制度がある方
・大きな必要出費がある方